エルリズノート

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ピングドラム萌え語り 

ピングドラム
ピングドラムからプリクリ様と眞悧さん。

昨年末に描いたものですがこっちにアップし忘れていたのでアップ!(もう少し大きいサイズはぴくしぶで見られます)

22話まで見て「どう考えても皆が幸せになれる最後ではないな…」と思い、最後を見届けるのが怖く、しばらくレコーダーの中に入れたままだったのですが意を決してお正月に23,24話を見ました。

予想通りに「皆幸せ!超ハッピー!」ではなかったのですが、あれはあれで素晴らしい終わり方だったと思います(。・ω・。) 「ウテナ」以上にメタファー要素が多すぎて、一度見ただけでは理解できない部分が多々あったので、時間のあるときにもう一度ぶっ通しで見たいですです('∇')二週目は新しい発見ばかりだろうな~。

先にもちょろっとでましたがわたしは「ウテナ」が大好きで(当時友人にビデオを送ってもらったりな『半リアルタイム』視聴でした)、そんな大好きなウテナを手がけた幾原さん久しぶりのオリジナルアニメということで、放映前からちょうワクテカ→第1話視聴後「なんかわからんけど凄い!」…とここまではよかったのですが。

2話以降の盛り上がりに欠ける、同じことの繰り返しなお話の展開に視聴を続けるか悩みました。最後まで見た今、あのお話たちも必要だったんだな、と理解できますが、その時は正直惰性で見続けていました。

そしたら第9話「氷の世界」ですよっΣ(゚ω゚=)この回から話が本格的に回り始めて、それからはぐいぐい引き込まれていきました(*ノノ)

全て見終わった今「幾原さんの作品をリアルタイムで視聴することができて嬉しいし幸せだな~」と何だか感慨深い気持ちでいっぱいです。終わった直後にこんなこと言うのもアレですが、幾原さんの次回作品が超楽しみ(*´p`*)何年でもまってます(笑)

とそんな感じのピングドラム萌え語りでした(*´▽`*)

とふと思ったこと。高倉兄妹で「運命乗り換え後の世界」で陽毬だけがそのままのかたちで存在できたのは、陽毬がもらわれっ子(犯罪には全く関与していない)だから?3人とも違う親だけれど冠葉と晶馬の親は犯罪に加担してますもんね。

…ちょっと考察見てくる!!リンゴのまわしあい?の設定も気になるし!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。